テディベアギャラリーモヘアのテディベアキットのご紹介です!!テディベアのお洋服など衣装のご紹介です!!指人形〜パペットのキットのご紹介です!!コットン・リネンなどで作るのテディベアキットのご紹介です!!テディベア作りにとっても便利な道具達です!!テディベア用ウエディング衣装キットのご紹介です!!キッズのためのキットのご紹介です!!テディベアの作り方はこちらからどうぞ!!問い合わせフォームボタン
モヘアキットトップ23cmキットカット済23cmキット30cmキットカット済30cmキット鼻白・ツキノワ・耳白オプション
日本のモヘアカット済30cmキット35cmキットカット済38cmキット40cmキット50cmキット藍染めベアキットハイハイベアキット
シロクログマキット 染色モヘアベアキットリングピローエンジェルウイングフェイスバッチキットセール情報サイトマップ・検索
表示価格は全て税抜価格ですナビボタン左かごの中身を見るお買い物方法は、こちらをご覧下さい!!よくある質問です。お問い合せの前に是非一度ご覧下さい!!

こんなテディベアキットです


ベアのサイズ(身長です)



↓各看板をクリックしていただくと、
そのキットのページに飛びます

キットの説明

↓click↓
アニバーサリー特典
無し

とても小さいベアキットです。
「小さいから簡単なのかな?」と思われる方が多いのですが、それぞれのパーツがとても小さいので実は難度は高めのキットになっております。なので初めての方にはおすすめしません。(ごめんなさい)
ジョイントもハードボードジョイントのみとなり、印付けカット済みオプションは承ることができませんので、型紙をカットしてその型紙を使ってモヘアの毛並みを見ながら印付け、カット、縫製、と進んでいただくタイプのみとなります。
こちらのキットのみ、リボンとワタはキットにもともとついています。


23cm


23cmカット済み

アニバーサリー特典
防臭抗菌のテディベア専用ワタ100グラムを特典としてお付け致します。

30センチのキットをそのまま小さくしたわけではなく、ちょっと型紙のスタイルを変えた23センチのベアキットになります。

30センチのタイプと違うのはサイズだけではなく、頭部のダーツがない、腕を構成するパーツが30センチのものは3枚ですがこちらは2枚、脚も30センチのものはパーツが2枚構成ですが、こちらは3枚となっておりますので、30センチのベアとちょっと違った型紙で作ってみたい方という方にもおすすめです。

ジョイントはプラスチックジョイントをお入れしますが、ご希望によりハードボードにも変更可能です。


30cm


30cmカット済み

アニバーサリー特典
防臭抗菌のテディベア専用ワタ200グラム

初めての方には一番おすすのサイズのキットです。作りやすい大きさ、誕生したベアも満足度の高いサイズとなっています。当店で一番リピート率の高いキットです。

モヘアの種類を変更することで同じ型紙でもかなり違ったイメージのベアが誕生しますので、2体目以降は違うモヘアでお求めいただくお客さまがとても多いです。

また、鼻先だけが色が違うものや、ツキノワグマ風、耳だけ白くしたい、といったカスタマイズにも応じられるタイプもございます。

ジョイントはプラスチックジョイントをお入れしますが、ご希望によりハードボードにも変更可能です。

大変ご好評の、『カットまで済んでいて、すぐに縫い始められるキット』もご用意しています。

すぐに縫い始められるキットは、男性の方やベア作りが初めての方に大変ご好評で、現在はお客様のほとんどがカット作業までが済んだキットをご注文いただいております。

カット作業はどうしてもモヘアの毛クズで部屋が汚れたりくしゃみが出たりと悩まされることが多いと思いますので、そのような煩わしさから解放されたい方は、ご遠慮なくカット済みをお申し付け下さい。


35cmベアキット

現在販売休止中


38pのベアキット
38センチのキットには型紙が2種類ございます。

40センチのベアキット
アニバーサリー特典
防臭抗菌のテディベア専用ワタ450グラム〜500グラム

30センチのサイズより、抱き心地のよさ、もっと存在感を!といった方におすすめのサイズです。

印付け済みキットとなっており、型紙を切ったり、その型紙を使ってモヘアの毛並みを見ながら型紙を配置するという煩わしさの無いモヘアをあらかじめお入れしています。

さらにご希望により、各パーツにカットした状態のキットも承りますので、その場合はお届けしてすぐに縫い始めていただけます。

型紙をカットしたり、その型紙を使って、生地のモヘアに印を付けて、縫い代を見込みながらカットするという作業は、早い方でも1〜2時間程度かかってしまうことが多いようです。それだけでせっかくのワクワクしていた創作意欲がダウンしてしまう方もいらっしゃるようなので、私の方でそこまでの作業を済ませたものをお届けするようにいたしました。

モヘアの種類はお選びいただけますが、モヘアにより、キットの価格は異なります。

38センチのキットには型紙が2種類あり、40センチの型紙は1種類ございます。38センチのものより40センチのキットは手足が長めのスタイルのベアとなっております。
ベアの見本をご覧いただき、お好きなタイプをお選び下さいませ。

ジョイントはプラスチックジョイントをお入れしますが、ご希望によりハードボードにも変更可能です。(ただし、できればこちらの大きさのキットは、手足に負荷がかかる大きさなので、より丈夫なハードボードジョイントにチェンジされることをおすすめしています。)


50cmベアキット

現在販売休止中


期間限定やお得なキット

←お得なキットございます!


現在は該当商品はございません


日本のモヘア出作るベアキットアイボリー
↑日本のモヘアで作るベアキット アイボリー


テディベアギャラリーの
テディベアキットの特長

テディベア作りが初めての方の不安を出来る限りなくしたくて作ったキットです。
ミシンも不要ですし、家庭科の授業以来、針を持ったことのない男性の方も数多くベアを誕生させていらっしゃいます。市販のキットを途中で挫折してしまった方も、ご心配なく!!ベア誕生までまで出来る限りのサポートをさせていただきます。
どなたでも楽しいベア作りのひとときを味わっていただけるように作ったキットです。
子供の頃感じた、ものを作っているときのワクワクしたあのうれしくて楽しい気持ちを、また味わってみませんか?

その1  初めてでも本格的なベアが出来上がっちゃう!
その2  キットの材料がとっても作りやすくて使いやすい!
その3 作り方の解説が詳しい!
その4 わからないことはメールで質問できる!
その5 失敗してもそのパーツだけ買える!
その6 刺繍やオルゴールなど、オプションが豊富!!
その7 完成後のベアをテディベアギャラリーのHPに展示してもらえる!!
その8 リピーターにはおまけがある!!
テディベアギャラリーはリピーターのお客様が大変多いお店です。ベア作りの楽しさを何度も味わっていただくお客様が大変多いことに毎日心からよろこびを感じております。
そんな リピーターのお客様には出来る限りのリピーターサービスをさせていただいておりますので、どうぞ末永くおつき合いくださいませ

 

 


日本のモヘアで作るベアキットアンティークゴールド

一度でいいから、自分だけのテディベアを作ってみたいけど、お裁縫苦手だし・・・と思われている方に、少しでお気軽に、わかりやすい作り方の解説と、作りやすくて良質な材料で、そして可愛いベアを作っていただけるようにと、とってもよくばりで、そんなにお裁縫が得意でもないという私、MIEKOが、それなりに一生懸命考えたテディベアのキットです。


専門店でなければなかなか揃わないような材料、道具はキット中に入っていますので、ベア作りが初めての方はもちろん、近くにテディベアの材料を取り扱うお店のない方や、お忙しい方におすすめのキットです。

型紙、作り方は基本的には「初めてテディベア作りに挑戦されるかた向け」に考えたものですが、ドイツ製のモヘアを使ったフルジョイント、グラスアイ使用の本格的なテディベアが出来上がります。また、高価な生地を2印を付けてカットするのがドキドキする・・・という方のために、印付けとカットまで済ませた状態でお届けすることも出来ます。カット作業は生地の毛が飛び散って部屋が汚れてしまうから・・・という方にもカットまで済ませた状態のキットはオススメいたします。カットまで完了しているキットはすぐに縫い始めていただけるので時間のない方も是非どうぞ。

テディベアギャラリーのテディベアキットは
「必ず誕生させていただけるテディベアキット」として一人でも多くの方に楽しんでいただければという願いで製作しております。

ただ、大手手芸メーカーさんのようにきれいな見た目の(パッケージなどが美しい!!)キットではないことと、店主の私がデザインした型紙で、そして大量に海外から仕入れたモヘアを私がザクザクとカットしてお入れしているようなキットですので、あくまでおおらかな気持ちでベア作りに臨んでいただける方にお求めいただきたいということを最初にご理解いただきたく思っています。

細々と一人で運営させていただいておりますので、出来る限りコストを削減できるところは中間業者などを通さず、その分キットの素材をよりよいものに、そしてサービスを充実させよう!!をモットーにしています。

つまり、たとえばキットのパッケージの印刷を、ちゃんとしたデザイナーの方に頼んだり、印刷を高品質な印刷業者さんにお願いしてお金をかけたきれいなものをお入れしたとしても、結局はパッケージの袋やタグはゴミになってしまうものですし、型紙がいくら美しい紙に美しく印刷されていたとしても完成したベアにその差は全く出てこないことですよね。

それならば、そういったところに無駄なコストをかけないで、その分価格を出来るだけお安く設定したり、もしくはより良質なモヘアや材料、素材をお入れする、さらには完成までのサポートをしっかりさせていただくようにした方がよいと考えているということなんです。

また、おおらかな気持ちというのは、私自身かなりおおらかというかおおざっぱな性格なので、きっちりとした製図、型取りの必要な洋裁などはとっても苦手・・・・
そんな私でもこのHPでお見せしているような程度のベアは、私がご用意するキットで、どなたでも楽しみながらお作りいただけるということを知っていただきたいので、そんな感じの「おおらかな気持ち」を持っていただける方にご注文をお願いしたいと思っています。

作り方はキットの中に入っている、テディベア教室メンバーズカードに記載されている、IDとパスワードを入力していただくと入室できる「テディベア教室」の中で動画や画像入りで詳しく解説しています。(作り方の印刷物はお入れしていないということです)
作り方の印刷物をお入れしないことで、キットの価格も抑えることが出来ますし、またそういった印刷物は完成後には不要になりますので、開店いたしました16年前よりこのペーパーレスのシステムで運営させていただいております


また、作っている最中に質問等がでてきた場合には、IDとパスワードの有効期限内でしたらベアが誕生するまで何度でもメールにて質問していただけます。私にわかる範囲でしたらどんなことでもお答えするつもりです。

また、もし失敗してしまった場合でも、一般的に失敗しやすいパーツ類(モヘア等の生地は除く)は後から1個でもお送りできるよう準備しておりますのでどうぞご安心下さいませ。くわしくはこちら

IDとパスワードの有効期間はお買いあげいただいた日から翌年の12月31日までとなっております。

(大変多くのお客様にご利用いただきましたため、データの管理で皆様にご迷惑をおかけしないよう、また、キットをお作りいただく際のご質問にできるだけ速やかにお答えするために、このような措置をとらせていただいております。何分、私MIEKO一人で運営させていただいておりますため、できるがぎりお買い上げいただきました皆様に気持ちよくご利用いただけますよう考えました結果とらせていただいております措置でございますのでどうぞご理解くださいますようお願いいたします。)

また、IDとパスワードはそのキットをお買いあげいただきました方以外へ譲渡された場合でもIDとパスワードの変更、期限の延長はできませんのでご了承ください。

さらに製作中に失敗してしまった場合などは出来る限り迅速にパーツ、材料類をバラでお分けできる体制をととのえ、また、完成後にベアで遊ばれている時などにグラスアイが割れてしまったりされた場合でも、グラスアイ1個からお分けする準備をさせていただいております。せっかく時間をかけて作ったベアですので、長く長く楽しんでいただけるように、サポートさせていただきたいと考えています。

ご自身で作られたベアは、その仕組みがわかるため、ある程度の修繕はご自分でしていただけるのが、既製品のベアと異なる大きなメリットなのです。そのお手伝いは出来る限りさせていただこうと思い、このテディベアギャラリーを日々運営させていただいております。


ベージュのフェルト《2016から変更になりました》
キットにお入れしているフェルトについてのお知らせです。

当店のテディベアキットの大半は、ベージュ色のウールのフェルトを手足のパッド用としてお入れしております。(特に白やピンクや茶色や黒などの他のお色で御希望がある場合は、在庫で対応できる限りその御希望に添ったお色に変更もさせていただいておりますが)

モヘアと同色のフェルトを使うのも良いのですが、店主の主観で、たいていのモヘアの場合、ベージュのフェルトが一番似合う!思っているので(^◇^;)、そのようにさせていただいているのですが、16年もこのお店をやらせていただいておりますと、16年前にお求めいただいたお客様から数年前にお求めいただいたお客様まで、大変長いお付き合いのリピーターのお客様も増えて参りまして、そのお客様からのご要望やご意見も多く寄せられております。

その中で、フェルトの色について、長く可愛がっていただいたからこそお寄せいただくようになったご意見が重なるようになりました。

それは、ベアをたくさん可愛がってだっこしたり触ったりしていると、どうしてもフェルトの色も年月を経ていくうちにどうしても汚れが目立ってきたりしてしまう、というお悩みでした。

モヘアのテディベアは水洗いが出来ませんので、モヘアの毛の部分は中性洗剤を薄めたぬるま湯に浸して固く絞ったタオルを使って毛をつまむように汚れを取っていただき、ブラシをかけていただくことである程度クリーニングできるのですが、フェルト部分はそういうわけにはいかないんですよね。ごしごしすると、毛羽立ってしまいますし・・・(>_<)

(中にはフェルトを新しいものに縫い直される方もいらっしゃるんですよ!)

そこでリピーターのお客様方の多くから

『一生可愛がるつもりで作ったベアなので、手足のフェルトの汚れを気にしながら可愛がるというのはちょっと残念なので、もう少し汚れが目立たないような濃いめのベージュのフェルトにして欲しい。』

というお声が寄せられるようになりました。
これも永い間可愛がっていただいているからこそお寄せいただけたご意見だと思っております。

そこで、これからは今までのベージュより一段濃いめのベージュのフェルトをご用意し、そのミディアムベージュに代わって、新色のベージュを基本的にお入れするようにいたしました。

基本的にゴールド系、ブラウン系、アイボリー系のモヘアにはベージュのフェルトをお入れしておりますので、それらはミディアムベージュからベージュに変更になります。

今までご注文いただいたキットと同じキットなのに、フェルトの色が変わってしまった、という場合も出てきてしまうと思うのですが、その点はどうかご容赦下さいませ。


また、ウェブサイト内の画像の見本ベアがほとんどミディアムベージュのフェルトになってしまっておりますが、実際はミディアムより濃いベージュのフェルトをお入れしております。その点をどうかご理解の上、ご注文下さいますようお願いたします。

永い間出来るだけ気持ちよくかわいがっていただけるように変更させていただいた点でございますので、どうかご理解下さいますようお願い致します。

 




テディベアギャラリーのモヘアベアキットのご紹介


30センチくらいに仕上がるベアのキットからこんなベアが誕生しちゃいます!!
これが 基本的なキット内容となりますので他のキットをご希望の方もご覧ください。

kitbear11.jpg










ダークアンティークゴールド

【キットを使ってできるベアの紹介】
←(参考商品 30センチくらいに仕上がるベアキット  スパースライトアンティークゴールど、ダークアンティークゴールド)

身長約30センチ前後
・・・耳の先から足の先までですので、耳の付け位置、わたの詰め具合によって多少の誤差がでます。また、2003年年末以前の型紙の場合は身長が約28cm前後でしたが、型紙の改訂により身長が少し大きくなりました(これ以外に23センチくらいに仕上がるキット、35〜38センチくらいに仕上がるベアキット、50センチくらいに仕上がるキットがございます。)

体重約250グラム(重さはだいたいのめやすです。わたの詰め方で多少変わります)

シュルツ社製ジャーマンモヘア使用
(シュルツ社製でないものもありますが、その場合はお知らせしてございます。)

ウール100パーセントフェルト
(手足のパッドに使用。ウルトラスウェードのものもございます)

グラスアイ使用
(ガラスの目です。プラスチックの目と違い、潤んだようなツヤがとってもきれいです。でもお子様の遊び相手として製作される場合などはプラスチック製の目に変更することも出来ますのでご相談下さいませ。)

プラスチックジョイント もしくは ハードボードジョイント
(首、腕、脚計5カ所使用。全てのキットはご希望に応じてキットにはより本格的なハードボードジョイントに変更することも出来ます。35センチ以上のキットは基本的にハードボードジョイントを推奨しています)


頭、(特に目、鼻、耳)は作る方の好みや、力の入れ具合、付け位置の微妙な変化によって様々に変化しますので、必ずしもこの顔が正しいというわけではなく、作られる方々の個性が十人十色であるように、誕生するベアの顔も十人十色となるわけです。同じ型紙からでも、同じ顔のものが出来ないというところが、テディベア作りの一番の楽しみ!!と私はいつも感じています。(テディベアギャラリーのオリジナルキットでベアを誕生させた方々のベアを展示した「みなさんのベアのお部屋」こちらからどうぞ)


今まではOPP(クリスタルパック)袋にキットをお入れしておりましたが、製作していただく際にファスナー付き付ポリエチレン袋があると、製作途中のモヘアパーツ類を保管するのにとっても便利なので、思い切ってパッケージにファスナー付き袋を採用してみました。無駄な包装資材を省き、ホッチキスの針も使用しなくなりますので、ちょっとだけエコにもなるかな・・・なんて思っています。
キットのパッケージとしての見た目はよくなくなってしまいましたが、より快適に製作いただくことの方が大切だと考えました。ご理解いただけましたらうれしく思います。

kitcontents.jpg

※キットはウェブサイト内のレッスンページをオンラインでご覧いただきながらお作りいただくため、印刷物の説明書はお入れしておりません従いまして、製作に際しましては、ウェブサイトをご覧いただける環境が必要となります。

(1)印付け済モヘア ドイツのシュルツ社製モヘア、ドイツ製ヘルムボルド社製モヘア、日本製モヘア
(2) 型紙…現在は型紙はお入れしておりません。モヘア生地に型紙を使ってあらかじめ印を付けたものをお入れしていますので、型紙は不要となりました。
(3) ウールフェルト…手足のパッド用です。フェルトにはお好みの文字を刺繍するオプションもございます。
(4) 鼻用の刺繍糸…ドイツ製刺繍糸です。
(5) グラスアイ 1組(瞳付きのグラスアイのものもあります)
(6) ぬいぐるみ針…日本製の丈夫な長い針です。目をつける時に使います。
(7) 縫い針、刺繍針…仕立屋さんなどの針仕事を本職とする方々が愛用している京都のみすや針です。針のしなり具合等、縫いやすさではこれが最適です!!(画像には刺繍針がありませんがキットにはお入れしています)
(8) 丈夫な縫い糸…縫いやすく、丈夫な糸です。手縫いで仕上げる場合、ひと針ひと針しっかりと糸を引きながら縫うので、普通の糸では切れてしまうことが多いのですが、これならその心配がありません。(現在は画像のようなボビンタイプではございませんが、丈夫な糸をお入れしていますのでご了承下さいませ)
モヘアのキットにお入れしている糸についての大切なお知らせこちらから(ご注文の前に必ずお読み下さい)
(9) アイフロス…目をつけるときに使うロウ引きの丈夫な糸です。丈夫な縫い糸で目を付けても勿論結構なのですが、これを使うと、比較的浮いてしまいやすいベアのグラスアイがとっても簡単にしっかりとつくので、私はオススメします。
(10) プラスチックジョイント 5組…取り付けの際に道具のいらないジョイントです。取り付ける部分でサイズの違うものが入っていますので、取り付ける際には御確認ください。(ハードボードジョイントについてはこちら

このほかに入っているもの・・・・
あなたのID とパスワードを記載したカード…このキットの作り方を紹介している「テディベア教室(サイト内に設置)」に入るためには、このカードに記載のID とパスワードが必要です。オンラインで作り方をご覧いただきながら製作していただきます。(作り方の印刷物はお入れしていません)

多くの方がご自身で作られてからそのベアを贈り物としてプレゼントされる場合が多いかと思いますが、中にはキット自体を贈り物にとお考えの方もいらっしゃると思います。
その場合は、実際にキットをお作りになられる方のお名前でレッスンページを登録(ユーザー登録)させていただきますので、その旨をお申し付け下さいませ。
当店では、基本的にキットをお求めいただいた方をユーザーとして登録させていただいております。
キットが何人もの方を経て第三者の手に渡って行った場合でも、ユーザー名の登録変更はいたしませんので、キットの譲渡はもちろんかまいませんが、その後にお買い求めいただいた方以外のお名前でのレッスンページ入室のためのIDカードの再発行(名義変更登録)や、レッスンページをご覧いただける期限の延長はお受けできませんのでその点はご了承下さいませ。


こだわって集めた、キットの中身の紹介です!!
schult_s.jpg

モヘアは、現在のところ、ドイツのシュルツ社製のモヘアと、国産のモヘアを使用しております。
シュルツ社は世界でも有名なテディベアのモヘアメーカーの一つですので、品質は抜群です。

pearlcotton.jpg

刺繍糸は、ドイツ製刺繍糸です。
鼻を刺繍するときに使用すると、そのつやがきれいなのでこれを選びました。鼻の刺繍は、やり直される方が多いと思い、1体分には十分の長さをお入れします。


ぬいぐるみ針は国産のとっても丈夫で曲がりにくいものを選びました。手芸店でよく見掛けるぬいぐるみ針は、ベアの目を付けていると(私も経験しましたが)すぐに曲がってしまって、結構高価なのに、何本も何本も買い換えなくてはならないものが多いので、もしまたベアが作りたくなったときにも使えるような丈夫なものを選びました。(23センチ、15センチのベアキットには細めで短めのぬいぐるみ針をお入れしますので、複数体製作していると、どうしても曲がりが出る場合がございますが、その点はご了承くださいませ)


misuya.jpg

縫い針は、仕立屋さんはなどの針仕事を本職とされている方々が愛用しているといわれる、みすや針のもめんえりしめ針を選びました。
モヘアを手で縫う場合、生地が厚い上、ひと針ひと針糸を引きながらしっかりと縫わなくてはならないため、針が曲がったり、折れたりしやすいのですが、この針はとっても縫いやすいのです。普通の手芸店ではなかなか手に入らないので、京都から私が直接買っているものを分けてお入れいたします。

また、画像はございませんが、刺繍針としてキットにお入れしているものも、みすや針製の針です。こちらもとっても使いやすい針です。



リピーターの方や、同タイプのキットを複数セット一度にお求めいただく場合には針セット無し割引もございます。
針セットは1セットあれば複数のベア作りにお使いいただけますので是非この割引をご利用くださいませ。2体目以降がお得な価格でお求めいただけます。





ベアを縫う糸

縫い糸は、各パーツの縫い合わせから、コの字綴じまではこれ一つで幅広く使えて、とっても丈夫で扱いやすい糸を選びました。手縫いで仕上げる場合、ひと針ひと針しっかりと糸を引きながら縫うので、普通の糸では切れてしまうことが多いのですが、これならその心配がありません。私もそれまでは、比較的普通の手縫い糸よりも丈夫なハンドキルト用の糸を二本取りにして縫い合わせに使用していたのですが、半返し縫いでパーツを縫い合わせる際に、2本取りよりも1本取りで縫った方が縫いやすいので、1本取りでも大丈夫なくらい丈夫で縫いやすい糸を探していたときに、これに出会いました。1体分まるまる手縫いで仕上げても十分の量をお入れします。


目をしっかりと付けるためのロウ引きのひも
「アイフロス」

アイフロスとは、ベアにグラスアイを取り付けるときに使う特殊な糸です。丈夫な糸を数本取りにして、目を取り付けてももちろんいいのですが、このアイフロスを使うと、しっかりと目を付けたいのに、目が浮いてきてしまうといった悩みから解放される上、糸にロウが引いてあるため、ある程度糸に摩擦が生まれ、ひっかかりがよく、グラスアイをしっかりと付けることが簡単に出来るすぐれものです。


【ジョイントについて】
hbjoints.jpg
こちらはハードボードジョイント

23センチや30センチくらいに仕上がるベアキットの中に含まれているジョイントは、プラスチックジョイントといって、取り付けにコッターキーという、特別な道具等が必要ないものを使用しておりますが、ベア作りは初めてではないというかたや、より本格的でしっかりとしたジョイントにチャレンジしてみたいと思われる方には、プラスチックジョイントではなく、上の画像のようなハードボードジョイントに変更していただくことも出来ます。
30センチくらいに仕上がるベアキットや23センチくらいに仕上がるベアキットの方でハードボードジョイントへの変更される場合キットの代金に200円プラスとなります。35センチ以上のキットでも、元々キットの設定がプラスチックジョイントになっているものも同様に+200円でハードボードジョイントに変更承ります。

上の画像にはありませんが、左の画像のように小さいタイプのワッシャーもキットにお入れしています。
この小さな方のワッシャーは、本来なくてもいいものなのですが、左下の画像のように、ピンに小さいワッシャーをかませることで、ジョイント部に後から強い力が加わっても、ピンが抜け落ちてしまうことを防ぐことができるのでお入れしています。


また、ハードボードジョイントで一番心配になるのが、コッターキーとラジオペンチでピンを曲げるときに一度曲げるのに失敗してしまうと、何度もやり直しが出来ないという点なのです。私も経験がありますが、うまく曲げられなかったときに、もう一度ピンをまっすぐに戻して曲げ直すと、ピンは金属ですので、金属疲労で、ポキッと折れてしまうことがあるんです。
私のそういう経験から、もし、ピンを曲げるのに失敗してしまって、もう一度やり直したいという方には、あとからピンをご希望の本数だけ1本30円でお分けしますので、そのような点ではご心配なく、ハードボードジョイントにチャレンジしていただけると思っています。(その際の郵便送料の実費はいただくことになります)
また最初からご心配でしたら、キットにご希望のピンの数をお付けすることもできます。
また、ハードボードジョイントの取り付けの際にとても便利ななコッターキーをお持ちでない方には、コッターキーもご一緒にどうぞ。(コッターキーはなくても、ラジオペンチ2本あれば取り付けていただくことが可能です。コッターキーは専用の道具なのでとても使いやすいのですが、ほかに用途がない道具なので1体しか作るご予定のない方などはわざわざお求めいただくのはとてももったいないです。ラジオペンチ2本をお勧めします。)
(コッターキー等の専用道具は別ページ「オプション」のコーナーでご紹介してございます)

道具類

あると便利な専用道具 のご紹介は左の黒板からどうぞ。お名前等の刺繍、リボン、ネームテープなどもございます。
(ネームテープは男性のお客様、2体以上お求めいただいたお客様は無料となっておりますので是非どうぞ)

バラで販売できる材料もご用意してございますので、
失敗してしまった方は左の黒板をクリックしてください。



ご自分でご用意していただくもの、オプションとしてお求めいただけるもの
テディベアギャラリーのキットは出来る限りご家庭にあるものを使って製作していただきたいと考えており、
比較的入手が難しいものはキットにお入れしています。それでも皆様からのご要望により、あれば便利な道具として
テディベアギャラリーで オプションとして販売を開始した商品もございます。ご希望の方はキットとご一緒にどうぞ。
道具のオプションはこちらからどうぞ。

self.jpg
わた以外の拡大画像をご覧になりたい方はこちら

1.手芸用わた

※通常無料特典としておつけしていますが、他に製作のご予定がある場合などは、オプションでご注文も承ります。

23センチのベアキットには100グラム程度、30センチのベアには200グラム程度あれば出来上がります。(ベアを作る方によって、詰め方も異なるので、一概に何グラム、と決めることはは出来ないため、ご了承ください。ただし、テディベアギャラリーでオプションとして販売しておりますテディベア専用わたでしたら200グラムあれば大丈夫です。)35センチ〜40cmのベアには450グラム程度でできあがります。
ただし、 50cmのベアキットに関しましてはあまりにも作られる方によって使用するわたの量が異なるため、300グラム入りのわたでしたら3〜4パック程度必要とお考え下さい。出来れば、お近くの手芸店等で製作の様子を見ながら買い足しつつ製作されることをオススメします。

ただし、いずれの場合もお近くでお求めの場合は粒状のわたは固く詰められないので避けてください

2. 水性ボールペン
(耐水性のもの)

(販売中)

※ご注意下さい!!
印付け済やカット済のキット
をお求めのお客様は水性ボールペンをお求めいただく必要はございませんのでご注意下さい。

型紙をモヘアやフェルトに写すときに使います。極細の油性ペンでもいいです。いずれにしても、生地の色に近い茶系のものの方が、万が一、インクが表地に染み出してしまっても目立ちません。
(ご注意ください!!)
水性ボールペンも、ものによってはインクの出が良すぎて、モヘアの土台の生地にインクがしみこみすぎ、表からも印が見えてしまうくらいインクが出てしまうことがありますので、まずはモヘアの目立たない部分で確かめてから印付けをされることをオススメします。
また、お買いあげのモヘアの色が白などの薄い色のものですと、黒系の水性ボールペンでは表から印が見えてしまうことがありますので、白、金、銀等の色の水性ボールペンで印付けをするようにしてください。
ちなみに私のお薦めは三菱シグノ極細ブラウンブラック、(ベージュやゴールド系のモヘアの印付けにはオススメです)、白系やブラウンなどの濃い色のモヘアには、三菱シグノ金、銀(こちらは極細が発売されていませんので普通の太さのペン先です)もしくは、ホワイトの水性ボールペンです。

3.裁ちばさみ
(販売中)

先のとがったもので良く切れるものがいいです。
(MIEKOオススメのドイツヘンケルスのハサミを販売中です)

4.ラジオペンチ

グラスアイの針金をつぶすのに使います。
また、ハードボードジョイントのベアを作られる方はジョイントの取り付けにも使用します。コッターキーをお持ちでない方はラジオペンチを2本ご用意ください。(プラスチックジョイントのキットの方はラジオペンチ1本でOKです)
100円ショップでもホームセンター等に売っているものでかまいませんが、普通のペンチではなく必ず先の細いラジオペンチをご用意下さい。

5.待ち針
(販売中)

10本くらいあれば打丈夫です。ご家庭にあるものをお使いいただいてかまいません。

6.時間がたつと自然に消えるチャコマーカー
(販売中)
チャコエース


鼻の刺繍の位置を描くときに必要なペンです。黒系、焦げ茶系、紫系、紺系のモヘアには使えないのですが、それ以外の色のモヘアのキットには必要なペンとなりますので、お持ちでない方は是非キットとご一緒にお求め下さい。

また、チャコエースの類似品で水に濡らすとインクが消えるタイプの手芸用ペンがありますが、テディベア作りでは水に濡らすタイプは使えませんので是非こちらをご用意くださいませ。

7.さいばし
(使いやすい専用の道具を販売中)

スタッフィングスティック

わたを詰めるのに使います。先があまり細い菜ばしは生地に穴を開けてしまうことがありますので、揚箸のような太めのものの方がオススメです。

専用の 便利な道具として、スタッフィングスティックという道具を販売しています。

8.目打ち
(販売中)

ジョイントや目をつける穴をあけたり、仕上げの時に、縫い込んでしまった毛を引っ張り出すのに使います。目打ち




ベアの 足の裏のパッドへの刺繍サービスもございます。 誕生したベアにリボンを結んであげませんか。
ryoto.jpg rie.jpg madebymieko.jpg ryuji.jpg 2002.jpg ベアの首にribbonはいかがですか


テディベアギャラリーのご案内初めての方へ特定商取引法の法規プライバシーポリシーお問い合わせ
 Copyright(c)1999-2014 Teddy Bear Gallery All rights reserved.(無断転載禁止)